12/2出発しました

フリマントルを出て約7時間。日はまだ高く、照りつけている。観測隊の行事は終わって、艦上体育の時間となった。しらせは海外では「軍艦」扱いだから日本国を代表する扱いを受ける。威容保持のためいくつもの決まりがあり、そのうちのひとつとして、甲板に短パンで出ることが許されていない。しかし、艦上体育の時間帯だけは短パンで運動することが許されている。

 

 夏訓練のときから結構運動が好きな人が多いことは分かっていたが、60人強の観測隊のうち20人近くの人が走っていた。研究者や技術者にはランニングのようにこつこつとやる運動が好きな人は、意外と多いのだ。

 

 島影ひとつ見えない大海原の上でのランニングは爽快だ。しらせの01甲板は一周約250m。たいていの体育館の二階のギャラリーよりも距離はあるし、幅が広いので、追い越し、追い抜かれも苦にならない。おまけに船首に向かって走るときには強い向かい風になるし、時々揺れる船体に対してバランスをとらなければならないので、体幹にもよい。暴風雨圏を抜けたら2~3人組での60分リレー大

会、なんて楽しそう♪

 

*村越の代わりにTEAM阿闍梨が記事をupしています